ロリ美少女のオナニー動画にはなな子の思い出が詰まってます

思い出のロリっ子のオナニー動画を見つけたので記事にしてみました。私も大好きな超可愛いロリっ子のオナニーなので、なな子日記にプラスして動画紹介もしてみようと思います。

正式に翻訳を担当する前、ほんとに少しだけですが モザイクをかける作業を経験させてもらっていました。そう、あのモザイクです。アダルト動画にはつきものの、切っても切れない縁であるモザイク。

「モザイク消し」用の特殊なメガネまで販売されたくらい消したいと欲されているモザイクをあえてかける嫌がらせのような作業です。

お恥ずかしながら、私はこの作業が下手でして(泣)すごく時間がかかってしまうんです。

そんな私の初めてかけたモザイクがこのロリっ子のオナニーでした。初めて観た自社作品でもあり、初めて観た他人のオナニーでもあり、初めて観た無修正動画でもあります。

なんていうか、なな子の初めてはこのロリっ子にすべて捧げました(照

個人差はあると思うのですが、作業自体は好みです。専用のペンを使って場所を指定したり、マウスの代わりとなる機械を握りながらサイズを調整したりしながら作業します。

それ以外にも足元にあるブレーキの様なペダルを踏みながら早送りしたりと、一度に両手両足を使う集中力の必要な作業。

先輩方は器用にいくつものパーツを使いこなして作業されます。

このモザイク、一番差が出るのは大きさではないでしょうか。限りなく小さく、かつ性器のはみ出しはなし。うまいモザイクと下手なモザイクとの差はここに出る気がします。

あとは、ちゃんと動きに合っているのかどうか。

性器の動きに合わせてモザイクも動かすので、その動かし方で自然なモザイクと不自然なモザイクの差が生まれます。

フェラのシーンで女優さんのお口の上下運動と自分の思うタイミングがシンクロした時はちょっと感動します!

ちなみにモザイクの濃さもこの時に設定します。濃すぎず、薄すぎず、この辺の感覚も経験というかセンスの差が出ます。

そんなわけで、いつ見ても先輩方がモザイクをかける姿は神々しく見えます。

「俺なんか最初の頃、睾丸にモザイクかけるの知らなくて竿にしかかけてなかったから最初はうまくできなくても大丈夫!笑」

という上司の言葉を励みに取り組んでいたモザイク。

モザイクがかかっている場所は、皆さんの方が詳しいと思うので省きますが、、、私が初めて挑戦したモザイクが、その場所がこれでもかってくらい難しい作品でした。

超可愛いロリ少女が制服姿でオナニーしている素敵な動画なんですが、パンツの隙間が多くて多くて多くて、、、

かけるべき箇所とそうでない箇所を一個ずつ教えてもらって、自分なりに合格ラインで終えたつもりのモザイク。先輩から合格をもらったときは、ほんとに嬉しかったです。

でも1年以上経って改めて観てみて思ったのは、えっ、、、なにこれ、、、超恥ずかしい、です。

私が下手なのか、先輩が上手すぎるのか、、、たぶん両方なのですが、、、小学生の時に書いた作文を大人になってから偶然見つけて読んだ時のような気持ちになりました。

そんな私の処女作となるモザイクがこちら(照

お前の黒歴史覗いてやんよww
っていうドSな方いらっしゃいましたらどうぞw

ロリっ子のオナニー画像はこちら(22枚)

ロリっ子のオナニー動画はこちら

S-Cute – Aoi #8 指で感じる四つん這いオナニー