美乳の定義

巨乳だけが美乳じゃないと言いますが、そもそも美乳とはどんなおっぱいのことを言うのでしょうか。

男性が思う美乳は色白、手の平サイズ、お椀型
女性が思う美乳はお椀型、バランス、色白

というアンケート結果もあるようですが、美乳の定義をググっている最中にバストには黄金比率があるというくだりを発見したので、個人的に好きなおっぱい画像と一緒に、ご紹介していきたいと思います。

黄金比率というのは、計算することができるようです。

「身長×0.53=理想のバストサイズ」

私の場合77.38でした。身長に見合ったバストサイズが美乳の条件らしいのですが、欲を言えばもっともっと大きくなりたいです(笑)

個人的には指で押した時に、このくらいの弾力があるおっぱいに憧れます。

正面から見た時のバランスも美乳の条件の一つになっているようです。左右の鎖骨とバストトップを結ぶラインが正三角形であることが重要なのだそうです。

たしかに美しい。エロいというより芸術的な綺麗ささえも感じてしまうナイス美乳です。

分かりやすいように図形を書こうかとも思ったんですが、こんな綺麗なおっぱいの上から正三角形を描くのは忍びないので想像力を働かせてご覧いただけると幸いです。

黄金比率に加えて、バストトップの高さの位置が肩と肘の中間あたりであることもポイントなようで、ひとえに美乳といっても細かい定義がいくつもあるようです。

最近では「おしゃれ美乳」という言葉まであるようで、調べれば調べるほど、奥が深い美乳。

いいなと思ったら、綺麗だなと思ったら、ソソられたら…
それはもう自分にとっての美乳としてもいいんじゃないかと思います。

個人的には肌に馴染んだピンク色の乳首のおっぱいが大好物です。ブラジャーからポロンと出てくる瞬間にはいつも感動してしまいます。そういう意味では、私の思う美乳のポイントは乳首なのかもしれません。

すぐ立っちゃう乳首も好きです。弄られている方だけ立ってる乳首も生々しくて、マジマジと眺めてしまいます。

みなさんはどんなおっぱいがお好きですか?

男性の多くは、おっぱいにただならぬ興味を持っていると言われています。おっぱいの大きさと、ヒッチハイクの成功率は比例するという実験結果もあるようです。それほどまでに男性がおっぱいに魅力を感じる理由に関しては色んな説があるようですが「胸を触ると男女の絆が深まる」という説が、個人的には好きな説です。

胸を触られたり吸われたりする際に、女性の脳が母性と同じような感覚を抱き、愛情が深まるらしいです。男性も本能的にそのことを知っていて、おっぱいを求めてしまうのだとか。美乳の定義を考えていたはずなのに、何だか生命の神秘みたいな話に逸れてしまいましたが、おっぱいはみんなを幸せにするということだけはわかりました。

最後にこちらの美乳画像をどうぞ!

nanairo

シェアする

フォローする