方言でセックス

方言が可愛いという話はよく聞きますが、セックスする時にどのくらい方言を使っているのかという疑問が沸いてきたとある日。どんなエッチな方言があるのか気になったので調べてみました。女性のアソコの呼び方だけでも「ちゃんぺ」「ほーみー」「おめこ」「べべこ」「びびこ」「めめじょ」と、全部は書ききれないくらい沢山あるようです。というわけで、そんな全国各地の方言を使った可愛いセックスとはどんな感じになるのでしょうか。

方言でセックスと聞いて最初に思い出したのが、博多弁が印象的なこちらの彼女。

こんな可愛い顔して、勃起したおちんちんを見ては「大きくなっとぉ」「すごい硬くなっとーよ」「舐めていいとぉ?」「舐めとうと興奮する」とエッチな言葉を口にします。

方言でセックス、たしかに可愛いかもしれない。この顔で「イクけん…」とか言われたりなんかしたら、こちらもつられて射精してしまいそうです。

フェラの途中、手でも優しくシコシコしながら「手でされるのも好きとー?」なんて聞いてくれるくだりも可愛かったのを思い出しました。

個人的には、王道ですが関西弁も好きです。特にイキそうな時に「待って、待って…!」とか「ダメダメダメ…!」と言うところを、関西弁で「あかんあかん…!」と言われると凄く萌えます。

「あかん…ほんまに…あかん」

※画像はイメージです。

方言と言えばもう一人。こちらの美少女の熊本弁も可愛かったです。

「熊本弁があんまり出ないようにしてます」と言っているその言葉のイントネーションが独特で凄く可愛かったです。セックスのことを熊本弁では「ボボ」と言うらしいのですが、こんな顔で見つめられながら「ボボしたい…」なんて言われてみたいものです。

九州弁と言えば、宮崎県の「どげんかせんといかん」は皆さん聞き慣れたフレーズではないでしょうか。気持ち良すぎてどうしようってなっている子に、潤んだ瞳で「どげんしよう…」なんて言われた日には「ここか?ここがええんか?」みたいなSっ気が芽生えてしまいそうです。

他にもセックス中に出てきそうな表現を見つけたのでまとめてご紹介してみたいと思います。

ちんちん(愛知県)→熱い、とっても熱い時はちんちこちん
「おちんちん凄い熱い」は「ちんちんちんちこちん」となるのでしょうか。なんか可愛いです。

いいあんべえ(沖縄)→気持ちいい
「でぇーじ(とっても)」と合わせて「でぇーじいいあんべぇ」も使えそうです。

~んさい(広島)→~してください
「舐めてください」とおねだりされる時なんかに「舐めんさい」って言われるのでしょうか。思わず「はいっ!」と背筋がピンとなりそうです。ちなみに大分弁だと「ねぶる(舐める)」という方言があるらしく「舐めてください=ねぶっちょくれ」となるようです。何だか濃厚なクンニを欲している感じがしてエロいです。

おっちゃんこ(北海道)→座る、正座
「ここに座って」と言われる代わりに「ここにおっちゃんこして」とベッドをポンポンされたら、ムラムラするより先にキュンとしてしまいそうです。

まかす(北海道)→こぼす
口内射精後に「精子まかしちゃった」と照れ笑いされたら、もう一回勃起できそうです。

やん(和歌山)→できないという否定
「自分で脱いで」とか「あそこ見せて」と言った時に顔を真っ赤にして「そんなことできやん」と恥じらう。これ、けっこう、いやかなり可愛いと思います。「恥ずかしくて、そんなのできやん」なんて言われたら「そっかそっかー、できやんかー」と頬が緩んでしまいそうです。

調べれば調べるほど方言セックス可愛い気がしてきます。セックス中の方言って、自分やセックスに夢中になってくれている感じがして、普段以上に可愛く感じてしまいそうですよね。エセ関西弁を使ってる都民がこんなこと言うのも変な感じですが、方言セックス凄くいいと思います。

nanairo

シェアする

フォローする