愛してやまない「おっぱい」

多くの人が愛してやまない「おっぱい」

「おっぱい」という単語を聞くだけで、ふわふわした物を想像できて、つつくと指が埋まりそうな弾力を想像し幸せな気分にしてくれる優しい響きを持つ言葉、それがおっぱい。「おっぱい」って、なんて想像を掻き立てる言葉なのでしょうか。でもよく考えてみたら何で「おっぱい」と呼ぶのか、その由来は知らない。というわけで少し調べてみました。

おっぱいの由来を調べる、おっぱいの探求、おっぱいへの理解を深めるという知識の探求です。知識の探求と聞いてMTGのカードを思い出す私ですが、今回はおっぱいにとことん重点を置いて、お気に入りのおっぱい画像と共におっぱいを探求し、学習カウンターを置いていきたいと思います。

調べていて一番引用されていた説がこちら。

引用
1.「ををうまい(おおうまい)」が約まったとする説。
2.「お腹一杯」の「いっぱい」が転じたとする説。
3.中国春秋時代の学者(おうぱい)が転じたとする説。
4.古代朝鮮語で「吸うもの」を意味する「パイ」からとする説。

分かるようで分からない…。そもそも「おおうまい」って誰が言ったんだろう。母乳を与えられてる子供が「おぉ~んまい!」などと言うとは考えにくい。でもこの由来の中では一番しっくりくる気もする。調べれば調べるほど疑問ループに陥ってきたので、ここは一旦落ち着いて男性の意見も取り入れてみようと思い、上司に聞いてみました。

な「なんでおっぱいって呼ぶか知ってますか?」
上「え!?見た目?」
な「見た目って、、、おぉ~!パイっ!!ってことですか?」
上「そういうことになるな(笑)」

見た目のイメージでおっぱいという言葉に結びつくということだけはわかりました。ここで新たな疑問が湧いたんですよ。写真で一言みたいに、おっぱいの映ってる画像を見せたらどうなるんだろうと。

やってみました。

おっぱいはどこまでいってもおっぱいのようです。なぜそう思ったのか深く聞きたい気もしたのですが、これ以上聞くとセクハラで訴えられそうなので自粛しました。

そういえば先日先輩とも「かっこいい巨乳の呼び方」について論議したばかりなのですが、その時も「巨乳は巨乳という表現が一番わかりやすい」という結論に達したばかりです。「おっぱいのしっくりくる由来」と「かっこいい巨乳の呼び方」がありましたら、なな子までご一報お願いいたします。

余談ですが、おっぱいの由来をググっている際に見つけた「男性が好きなオッパイの部位ランキング」では

1位 下乳

2位 デコルテ

3位 横乳

という結果になっていました。4位に乳輪、5位には乳首がランクインするというこの結果。私も下乳が大好きなので、この結果と「下乳の魅力は乳首の魅力をはるかに凌駕している」という言葉に、PCのモニターの前で思わず頷いてしまいました。

最近では「おしゃれおっぱい」という言葉が作られていたり、おっぱいが大きいほどヒッチハイクが成功しやすいとまで言われている未知の魅力と引力で満ち溢れたおっぱい。

明治時代にはすでに「おっぱい」という言葉が存在しており、当時の流行や風俗を紹介する本に掲載されるほど知名度があった「おっぱい」という言葉。150年以上の歴史のある由緒ある言葉のようです。おっぱい万歳!!

nanairo

シェアする

フォローする